茨城大学理学部生物科学コース 中村麻子研究室(発がん制御研究室)

研究室について

概略図

私たちのDNAは太陽からの紫外線、宇宙からの宇宙放射線、たばこの煙、さらには、ウィルス感染などにより常日頃から損傷を受けています。また、細胞がエネルギー代謝をする際だったり、細胞分裂をする際だったり、避けては通れない細胞活動の結果としてもDNAは傷ついています。本来、このように発生するDNA損傷に対して細胞はそれを修復する機構をいくつも有しており傷が残らないようにしているのですが、大量のDNA損傷が発生し修復機構のキャパシティを超えてしまった場合にはDNA損傷は修復されず、細胞老化や炎症反応さらには発がんの原因となってしまいます。 私たちの研究室では、DNA損傷を可視化する技術を中心として、放射線誘発のDNA損傷がどのように細胞老化や炎症反応を引き起こし、最悪の場合がんを引き起こすのか、個体の老化がDNA損傷機構にどのような影響を与えるのか、さらにはDNA損傷修復機能解析する新しいシステムの開発研究などを行っています。


   麻子ラボFacebookはじめました。

大学院生募集中です。
研究室では大学院生(修士・博士)を募集しています。平成30年度入学の募集が始まっています!
詳しい内容については「関連イベント・募集」を確認してください。

麻子ラボM1来栖君をはじめラボメンバーが登場する茨城大学コミットメント動画



更新情報・お知らせ

2017/9/1
お知らせ:明日9月2日に茨城大学にてGFEST科学トップリーダーコース特別実習が行われます。今年は麻子ラボが実習担当の予定です。
2017/8/4
お知らせ:Facebook開設しました。コチラ
お知らせ:茨城大学コミットメントに麻子研究室のM1来栖君が登場しています。
お知らせ:今年も無事に麻子ラボBBQが開催されました。
2017/7/27
お知らせ:7月25日〜26日に千葉・幕張ホールにて開催されたQST&OECD/NEA共催の国際シンポジウムJoshikai for Future Scientistsにメンターとして出席しました。イベントの様子はOECD/NEAのtwitterでも紹介されています。
更新しました:EVENTS
2017/7/20
お知らせ:7月17日〜19日に仙台・秋保温泉にて開催された新学術領域「宇宙に生きる」班会議に出席しました。
2014/09/12
ホームページを開設しました!

ひとこと

2017/9/1

先日の茨城県知事選挙で、新人の大井川候補が当選しました。24年間にわたる橋本県政がついに変化の時を迎えたことになります。ただ単に在任期間が長いからダメだということはないとは思いますが、今回の大井川候補の当選により、多くの人や地域や国とつながり、新しい視点をもってチャレンジできる茨城県になるように願います。そして、そんな新しい茨城県としっかりと連携ができる大学でありたいものです。by AJN